幸せいっぱいアロマテラピー

アロマテラピーのホームケアを実践中。自分のために、そして愛する家族のために…
2014 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 08
アロマテラピーを始めましょう ☆ 初心者のための書籍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






『幸せいっぱいアロマテラピー』のTOPに戻る

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ティートリーの精油を楽しもう♪

強力な殺菌力を持つティートリーの精油は、一年通して大活躍♪
ラベンターと並んで、アロマテラピー初心者にも欠かせない精油の一つです。 


 ティートリー


英名: Tea Tree
植物名: ティートリー
学名: Melaleuca alternifolia
科名: フトモモ科
種類: 低木
産地の例: オーストリア、ジンバブエ
抽出部位: 葉
抽出方法: 
水蒸気蒸留法
成分の一例: テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、1,8-シネオール
ノート: トップ


ティートリーはオーストラリア原産の常緑低木。
成長が早く、水分を多く必要とするため、沼地や川のほとりに多く見られます。
野生では高さ7mほどに育ちますが、栽培では2mほどにしています。

針のような葉に香りをもち、はがれやすい紙のような樹皮から「ペーパーバーク」とも呼ばれます。
 
ティートリーという名ですが、いわゆる「お茶の木」ではありません。
18世紀のイギリスの探検家・キャテンクック船長がオーストラリアを訪れたとき、初めてその名を使ったとも言われています。
船員たちが茶葉代わりにこの葉を用いていたそうです。
オーストラリアの先住民は、古くから、この葉を傷薬として利用してきました。


ティートリーの精油の清潔感のある香りには、気分のリフレッシュ効果があります。

強い殺菌作用があり、免疫機能を強化して、感染症の予防や症状の緩和に効果を発揮します。

 おススメの使い方

殺菌作用があるので、水虫足の悪臭に、ティートリーの足浴(フットバス)がおススメ。

風邪予防には、ティートリーを入れたお湯の全身浴も役立ちます。
蒸気とともに立ち上る香りを吸入しましょう。
 全身浴・フットバスのやり方はコチラ>>) 

ハンカチなどにティートリーの精油をつけて、香りを吸入しても、OK.。
 ( 吸入法についてはコチラ>>

 皮膚に刺激を与える可能性があるので、使用量に注意しましょう。


(参考図書:アロマテラピー検定 公式テキストなど)




 ティートリーのエッセンシャルオイル(精油)を探す >>






  楽天 アロマ市場 >>




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト






『幸せいっぱいアロマテラピー』のTOPに戻る

ゼラニウムの精油を楽しもう♪

個人的には、ゼラニウムの精油のフローラルな香りが大好きです。
芳香浴はもちろん、香水作り、スキンケア、虫よけなど、いろいろなものに利用できて大活躍。 

そして、女性特有のトラブルにも効果を発揮することでも有名です。
常備しておきたい精油のひとつです。


ゼラニウムの精油のプロフィールです。
ご参考までにどうぞ。


 ゼラニウム
ライン06 

英名: Geranium
植物名: ニオイゼラニウム
和名: ニオイテンンジクアオイ、シロバナニオイテンジクアオイ
学名: Pelargonium graveolens, Pelaronium odoratissimumPelargonium asperum
科名: フウロソウ科
種類: 多年草
産地の例: イタリア、仏領レユ二オン島、エジプト
抽出部位: 葉
抽出法: 水蒸気蒸留法
成分の一例: シトロネロール、ゲラニオール(特徴成分)、リナロール、メントン
ノート: ミドル


ゼラニウムは、南アフリカ原産の常緑性の多年草です。

ゼラニウムと呼ばれる植物は多く、ゼラニウム属かぺラルゴニウム属に分類されます。
精油が製造されるのは、ぺラルゴニウム属です。
ぺラルゴニウム属なのにゼラニウムと呼ばれるのは、以前、ペラルゴニウム属の植物がゼラニウム属に入っていたため。
属が分かれたのちも、元の呼び方が残って、ゼラニウムと呼ばれています。

園芸植物としてよく知られる「ゼラニウム」とは同じ科に属しますが、別属別種のもので、「ペラルゴニウム(ニオイテンジクアオイ)」が正確な呼び名です。

19世紀の初めに香料生産のために、南フランスのグラース地方で栽培が始まり、現在でも、香水などの香料として広く利用されています。

ゼラニウムの精油は、ローズに似た、フローラルな甘い香りをもっています。
 
心と身体の両面に対して、バランスを整える作用があります。
ストレスによる緊張を緩め、不安やイライラなど鎮めて心身を安定させます。


 おススメの使い方

月経前や更年期障害でホルモンバランスが崩れて不安定になっている時は、ゼラニウムの精油の芳香浴や、アロマバスがおススメです。
アロマバスの楽しみ方 >>

また昆虫忌避作用があるので、スプレーや、アロマランプで香りを拡散させたりして、虫除けに活用できます。


  ゼラニウムの精油を探す >>


(参考図書:アロマテラピー検定 公式テキストなど)


 


  楽天 アロマ市場 >>




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



人気ブログランキングへ






『幸せいっぱいアロマテラピー』のTOPに戻る

ジュニパーベリーの精油を楽しもう♪

ジュニパーは、ヒノキ科で、昔から、殺菌消毒、解毒剤や利尿剤などに利用され、薬草としての長い歴史を持つ植物です。
その果実が、ジュニパーベリー。

精油は、ウッディーでほんの少し甘みを含む爽やかな香りです。

疲れた心も鎮めて癒してくれるはず。

ジュニパーベリ―の精油のプロフィールです。
ご参考までに。 


  ジュニパーベリー
ライン 

植物名: コモンジュニパー
和名: セイヨウネズ、トショウ
学名: Juniperus communis
科名: ヒノキ科
種類: 低木
産地の例: イタリア、ハンガリー、フランス、チェコ、スロバキア
抽出部分: 果実
抽出方法: 水蒸気蒸留法
成分の一例: α‐ピネン、カンフェン、サビネン、テルピネン‐4‐オール
ノート: ミドル
 

北半球の乾燥した丘陵地帯に育つ常緑の針葉樹。
歯が鋭くとがっているため、ネズミをよける「ネズミさし」の異名があります。

雌雄異株で、秋に雌木には緑色の丸い果実(液果)がなり、2~3年がかりで黒く熟します。
これが、ジュニパーベリ―と呼ばれています。

ジュニパーベリ―は、洋酒「ジン」を製造するときの香りづけとして利用されています。

ジュニパーベリ―の精油は、疲れた精神を回復させ、頭の中を整理する作用があります。
体を温める作用もあって、代謝を高め老廃物の排泄を促すため、冷えやむくみなどにも用います。
スキンケアでは皮膚の引き締めを目的に使われます。


14.gif おススメの使い方

森林浴をしているようなウッディな香りは、芳香浴にもおススメ。
アロマランプやディフューザーで香りを楽しみましょう。

心身がつかれて元気を出したいときにぴったりです。

ヒノキ風呂のように、アロマバスも楽しめます。

 ジュニパーベリーのエッセンシャルオイルを探す >>



(参考図書:アロマテラピー検定 公式テキストなど)







  楽天 アロマ市場 >>



にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



人気ブログランキングへ 







『幸せいっぱいアロマテラピー』のTOPに戻る

WELCOME TO MY BLOG

Riz

Author: Riz
たくさんのブログの中から、
訪問してくださってありがとう!

アロマテラピーが大好き。
わたしが実践しているアロマのこと
アップしていきます(^^)


こちらの美容ブログもよろしくね♪

奥様はやっぱり魔女
コスメなどのレビュー・日記です(^^)

ブログ内検索
訪問ありがとう!
今何人?
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
素材屋さん
choco*choco fine candied


ここも読んでね!

当ブログで紹介しているアロマのレシピは、管理人本人が実践しているものです。
ご参考になさる場合、利用される方に合わせて充分に注意なさってくださいね。
効果・効能に関しましても、管理人の個人的感想・意見であり、保証されるものではありません。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。
当ブログを介してお買い物・サービスの利用をされる際は、
ご自身でリンク先の利用規約・プライバシーポリシー等をよくお読みになりご利用下さうよう、お願い申し上げます。
いかなるトラブル、損害・損益におきましても、一切の責任を負うことはできませんのでご了承下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。